月別アーカイブ: 2014年8月

通信高校の中退率は

通信高校は、不登校やいじめの問題を抱えた生徒にとっての最後の砦として、社会に期待されている学校です。しかし最後の砦として期待が集まっても、実際は中退者の割合がかなり高いというのが現実です。もともとその役目を担うための制度ではありませんでしたから、不登校やいじめによって選択せざる得なかった生徒を受け入れるためのカリキュラムなどは講じられていなかったのです。困難な中でも高校教育を受けるという意欲ある生徒を対象にしていましたから、現在取り沙汰されるような様々な問題に対しての対策は全くありません。それがまたそういった生徒たちを傷つけることになってしまいます。


<通信高校の中退率>

通信高校の中退者は、公立で約半数に登ります。自己学習が中心ですから、中学での基礎力が高くなければ難しいということももちろんあります。しかし先生からの個別指導がうけられない、友人たちとのコミュニケーションがない、仲間の助けが得られないといった環境が影響しているのではとも考えられています。私立の通信高校に中には、100%近い卒業率に学校もあります。そういった学校は、挫折者を出さない為に、細やかな生活指導や進路指導を提供できる環境を整えています。またスクーリングの回数もぞうかさせるような試みも行っています。通信制の生徒が低年齢化している今、低年齢層への配慮があるカリキュラムを作り出している高校も増えています。通信高校にも、様々な選択肢が生まれています。