通信高校を比較するときのポイントは?

通信高校へ通う、編入や転学を考える場合には、どのような高校を選ぶかで悩むこともあるかと思います。通信高校は私立で教育の多様化も進み、選択科目なども非常に幅が広がっているそうです。高校選びで比較しておきたい項目をご紹介します。


通信高校の卒業率や単位の値段

通信高校で最も違いが大きいと言われているのが、単位の値段です。単位制高校では、申し込みを行った単位の数だけ学費がかかります。卒業率とは、高校卒業ができる生徒の割合ですが、多くの私立高校が9割を超えているそうですから、万が一、スクーリングに出席できない場合などの救済措置があるのか、スクーリング以外でも学校で教えてもらうことができるかなども比較してみましょう。


単位の値段は5000円くらいから

単位の値段は私立の通信高校の場合、5000円程度から1万円と大きな差があります。就学支援金では1単位4812円分が支給されますから、学費面で不安のある生徒は、1単位の値段もチェックしましょう。また修学旅行や宿泊教室、遠足などのイベントは別に費用がかかる学校もあります。卒業するまでにかかる費用をトータルして比較してみましょう。またイベントで行くことのできる場所なども変わりますから、行きたい場所があれば、修学旅行などで行くことのできる高校を選ぶのもいいでしょう。