通信高校で進学に問題がある可能性は?

通信高校だと進学に非常に不利なイメージがあるなどの声もあるそうです。毎日、学校へ通って学習を行う全日制高校よりも学習に費やす物理的な時間が短いこともありますから、学力面を不安に思うのは当然ですが、実際にどのような問題などが想定されるかをご紹介します。


通信高校でも高卒資格としては同じもの

通信高校でも、センター試験などを受けて大学への進学を行う場合には、特に大きな問題はないといえるでしょう。点数などで決まるものですから、同じ高卒資格を得た人の競争になるからです。AO入試は大学ごとに判断基準が違うため、ダメな理由なども公開されないため、実際にどう違うのか、という点はあまり明らかになっていないこともあるそうです。


進学してから変わることは?

進学後に変わることに、教科の幅が狭かったと感じる生徒が出ることもあるそうです。これは全日制高校で決められた学習を行っている生徒のほうが、やはり学習面の幅の広さでは圧倒的に広いという意見も出ているようです。選択科目にあるものは、自分で選ばない限り学習をする必要のない通信高校卒業の生徒は、まるっと地学などを学習した経験がないという例もあるので、選択科目が偏らないようにするなどの工夫が必要かもしれませんね。