単位取得毎にやる気が増す通信高校

通信高校の学習方法は全日制や定時制と異なって、毎日登校する必要はなく自分の好きな時間に自宅学習し、レポートを提出して学習成果を見てもらうシステムであり、仕事や健康上のなどで学校に供事が出来ない人でも学ぶことが出来ます。通信高校を卒業するには、3年以上の在学と、74単位以上を履修する必要があり、単位修得にはレポートの提出、学校で直接指導を受け、試験で40点以上の成績を収めることが必要になります。高校を中退された方は、在学中に修得した単位数を加算する事が出来ます。


<ステップアップでやる気が増してきます>

学習資料に対して独自の勉強方法で学習しレポートを作成、スクリーングで直接指導を受け、テストを受けて単位修得が果たせると精神的に充実感が得られるので、単位修得毎に達成感とやる気がどんどん増して行きます。更に英検や国語認定試験などで資格を得ると、その科目の単位が与えられるので資格取得の実利が得られるとともに、効率的な勉強の取り組みが可能になります。通信高校では、詰め込み教育ではなくその人に合った教育が基本であることより、自分が将来どのような事をしたいのか、どのような事を身につけたいのかがはっきりしていると、プログラムの選択も具体的になりより効果的な通信高校生活を送る事が出来ます。