おすすめ投稿

通信高校に通っていても気分転換は大事

通信高校に通っている人の多くは、自宅で課題を進めていきますよね?
しかし、いつも課題をこなしたり自分の好きなことやアルバイトに時間を使っているとどうしても疲れてしまったりすると思うんです。
そんな時は、無理をせずに気分転換をしてみることをおすすめします。
ずっと家にいては息が詰まってしまいますから、時々は外に出て光を浴びるようにしましょう。
家の近くを少し散歩してみるとかでも全然いいので、少しは身体を動かしてみませんか?


通信高校の課題を家以外で

通信高校で出された課題は家だけではやらず、たまには違う場所でしてみるのはどうでしょうか?
例えば、図書館で進めてみるとかカフェに入って進めてみるとか。
いつもとは違う環境で進めるとはかどるかもしれませんし、気分転換にもなりますよ。
そうやって工夫をしていって、ストレスなどを解消していくのが良いですね。
時々何もしない日を作るのも大事なのかもしれません。
たまにゆっくり休んだりして、また次から頑張れるようにするのも過ごし方のうちの一つだと思います。


音楽を流しながら

通信高校の課題をこなす時、何か音楽を流してみるのも良いかもしれません。
もちろん、うるさい感じの音楽ではなくクラシックとか落ち着くような音楽を流しながらという意味ですが・・・。
静かな環境の中、課題を進めるのは人によってはやりにくいのではないかと思いますので、音楽を流してみることをおすすめします。
また、入浴する時に音楽を流すのもリラックス効果があって良いと思いますので、ぜひお試しを。

関連サイト;通信制高校の学費比較サイト・・・・通信高校にも公立、もしくは私立の学校があり、学費もそれぞれ異なります。こちらのサイトでは、各高校の学費や豆知識を知ることができます。

通信高校で成功して自分の夢に近づく

通信高校に入学する人。編入する人を見てみましょう。
通常は全日制高校に通う事が当たり前とされている昨今。
どうして通信高校を選んで学ぼうとするのでしょう。それは通信制なら通信制だけのメリットがあるからにほかなりません。
全日制に通う事で不利益を被ってしまうのにはどんな理由があるのでしょうか。
比較的自由が多い通信制。時間に自由が効くからこそ通う人が多いようです。
時間は有限なもの。
それも十代のときにどのように過ごすかでその後の人生が大きく変わっていくでしょう。
一度きりの人生、自分の生きたいように生きるべきです。
社会性や常識にとらわれない選択を行ってください。


通信高校に通うことで手に入る様々なもの

まずは自由な時間です。
全日制高校に通っていては、平日の多くの時間を勉学で食われてしまいますが、ところがどうでしょう、通信高校ならあなたの学習スタイルにあまりかっちりと制限がかかりません。
学校にもよりますが、自宅学習の割合が多くなっている学校が多いです。
しっかり自分で学習を行うのだという強い自覚を持って学習を進めていく必要があります。
だらだらと勉強を進めてはいけません。
ですが学校の中には全日制高校のように制服で学校に通う機会が多いところもあります。
ですがその時間などにも自由度があり、その自由度の高さこそ通信高校の特権です。
自分の生活スタイル、学習スタイルに合わせて通う学校を選んでください。
自由な時間を手に入れたいひとが通う学校が、通信制です。


自由な時間をどうする?

通常、時間は手に入りません。
どれだけお金をつぎ込んでも、大金をはたいても時間を買うことはできません。
ですが、自由な時間が多く手に入る通信制高校。
ここに通えば本来手に入らない時間があなたの自由になります。
あなたは将来の夢があります。
その夢の内容までははっきりと見えません。
多少あなたの成長を見届けたわたしでさえ、その心から思い描いた夢を誰にも話していないこともあり、みんなその夢を知りません。
ですが確かにあなたがはっきりと思い描いているそのビジョン。その成功した自分に至るには、何より時間が要ります。
自分の能力を伸ばす時間。
夢についての知識を身につけるための時間。
それらが絶対必要になります。
どうしようか今悩んでおり、行動を起こしかねているとしたらその悩んでいる時間がもったいないです。

通信高校の中退率は

通信高校は、不登校やいじめの問題を抱えた生徒にとっての最後の砦として、社会に期待されている学校です。しかし最後の砦として期待が集まっても、実際は中退者の割合がかなり高いというのが現実です。もともとその役目を担うための制度ではありませんでしたから、不登校やいじめによって選択せざる得なかった生徒を受け入れるためのカリキュラムなどは講じられていなかったのです。困難な中でも高校教育を受けるという意欲ある生徒を対象にしていましたから、現在取り沙汰されるような様々な問題に対しての対策は全くありません。それがまたそういった生徒たちを傷つけることになってしまいます。


<通信高校の中退率>

通信高校の中退者は、公立で約半数に登ります。自己学習が中心ですから、中学での基礎力が高くなければ難しいということももちろんあります。しかし先生からの個別指導がうけられない、友人たちとのコミュニケーションがない、仲間の助けが得られないといった環境が影響しているのではとも考えられています。私立の通信高校に中には、100%近い卒業率に学校もあります。そういった学校は、挫折者を出さない為に、細やかな生活指導や進路指導を提供できる環境を整えています。またスクーリングの回数もぞうかさせるような試みも行っています。通信制の生徒が低年齢化している今、低年齢層への配慮があるカリキュラムを作り出している高校も増えています。通信高校にも、様々な選択肢が生まれています。

通信高校で進学に問題がある可能性は?

通信高校だと進学に非常に不利なイメージがあるなどの声もあるそうです。毎日、学校へ通って学習を行う全日制高校よりも学習に費やす物理的な時間が短いこともありますから、学力面を不安に思うのは当然ですが、実際にどのような問題などが想定されるかをご紹介します。


通信高校でも高卒資格としては同じもの

通信高校でも、センター試験などを受けて大学への進学を行う場合には、特に大きな問題はないといえるでしょう。点数などで決まるものですから、同じ高卒資格を得た人の競争になるからです。AO入試は大学ごとに判断基準が違うため、ダメな理由なども公開されないため、実際にどう違うのか、という点はあまり明らかになっていないこともあるそうです。


進学してから変わることは?

進学後に変わることに、教科の幅が狭かったと感じる生徒が出ることもあるそうです。これは全日制高校で決められた学習を行っている生徒のほうが、やはり学習面の幅の広さでは圧倒的に広いという意見も出ているようです。選択科目にあるものは、自分で選ばない限り学習をする必要のない通信高校卒業の生徒は、まるっと地学などを学習した経験がないという例もあるので、選択科目が偏らないようにするなどの工夫が必要かもしれませんね。

単位取得毎にやる気が増す通信高校

通信高校の学習方法は全日制や定時制と異なって、毎日登校する必要はなく自分の好きな時間に自宅学習し、レポートを提出して学習成果を見てもらうシステムであり、仕事や健康上のなどで学校に供事が出来ない人でも学ぶことが出来ます。通信高校を卒業するには、3年以上の在学と、74単位以上を履修する必要があり、単位修得にはレポートの提出、学校で直接指導を受け、試験で40点以上の成績を収めることが必要になります。高校を中退された方は、在学中に修得した単位数を加算する事が出来ます。


<ステップアップでやる気が増してきます>

学習資料に対して独自の勉強方法で学習しレポートを作成、スクリーングで直接指導を受け、テストを受けて単位修得が果たせると精神的に充実感が得られるので、単位修得毎に達成感とやる気がどんどん増して行きます。更に英検や国語認定試験などで資格を得ると、その科目の単位が与えられるので資格取得の実利が得られるとともに、効率的な勉強の取り組みが可能になります。通信高校では、詰め込み教育ではなくその人に合った教育が基本であることより、自分が将来どのような事をしたいのか、どのような事を身につけたいのかがはっきりしていると、プログラムの選択も具体的になりより効果的な通信高校生活を送る事が出来ます。

通信高校を比較するときのポイントは?

通信高校へ通う、編入や転学を考える場合には、どのような高校を選ぶかで悩むこともあるかと思います。通信高校は私立で教育の多様化も進み、選択科目なども非常に幅が広がっているそうです。高校選びで比較しておきたい項目をご紹介します。


通信高校の卒業率や単位の値段

通信高校で最も違いが大きいと言われているのが、単位の値段です。単位制高校では、申し込みを行った単位の数だけ学費がかかります。卒業率とは、高校卒業ができる生徒の割合ですが、多くの私立高校が9割を超えているそうですから、万が一、スクーリングに出席できない場合などの救済措置があるのか、スクーリング以外でも学校で教えてもらうことができるかなども比較してみましょう。


単位の値段は5000円くらいから

単位の値段は私立の通信高校の場合、5000円程度から1万円と大きな差があります。就学支援金では1単位4812円分が支給されますから、学費面で不安のある生徒は、1単位の値段もチェックしましょう。また修学旅行や宿泊教室、遠足などのイベントは別に費用がかかる学校もあります。卒業するまでにかかる費用をトータルして比較してみましょう。またイベントで行くことのできる場所なども変わりますから、行きたい場所があれば、修学旅行などで行くことのできる高校を選ぶのもいいでしょう。

好きなことを通信高校で学ぼう

最近の通信高校は、専門分野を学ぶことが出来るところも増えてきているので、何かの理由で選ぶのではなくて最初からそちらへ進学する人が増えているそうです。
確かに、専門分野を学びたい人にとってはすごく嬉しい事ですよね。
手に職を付けたいという人も、こちらを選んだ方が早く学ぶことが出来ますから助かります。
本来でしたら、普通の教科を勉強して、それから専門学校へ通ったりします。
でも、そうしなくても好きなことを学べるのは嬉しいですね。


通信高校ではどんなことを学べるの?

その専門分野を学べる通信高校は、色々なことについて学ぶことが出来るようになっています。
アニメや漫画、デザインや美容師などについて学ぶことが出来るので、将来の夢に向かって頑張りたい人や手に職を付けてすぐに働きたい、という人にはすごくお勧めですね。
最近では声優になりたい人などの為に、そういったことを学べる通信高校もあるみたいです。
本当に以前では考えられなかったことなので、今の人達は恵まれていますね!


好きなことを伸ばそう

自分の趣味や好きなこと、仕事にしたいことを通信高校で伸ばしてみるのはどうでしょう?
好きなことを早いうちから専門的に学べるなんて、なかなかありませんからこの機会に自分の得意なことを伸ばしてみるのもいいですね。
好きなことを学んで上達させて、それを仕事にすることが出来たら嬉しいはず。
通信高校は何か事情が無いと通えないと思っている人もいるそうですが、実際はそのような事は無いので大丈夫ですよ。

通信高校で友達は作れない?

通信高校は全日制高校と違って学校へ通わないから、友達が出来ないのではないか?と不安に思っている人もいるのではないでしょうか?
確かに学校へ通う機会が少ないのでそう思ってしまうのも、無理が無いと思います。
でも、最近はクラブ活動がありますからそのクラブに参加してチャンスを作るのがいいですよ。
他にも参加している人がいますので、きっと色々話すことが出来ます。
受け身ではなくて、積極的に行動をして話しかけてみましょう!


通信高校の行事もチャンス!

通信高校にも全日制のように、体育祭や文化祭があります。
その行事も友達作りのチャンスだと思いますから、ぜひ参加をして交流を深めてみましょう。
色々な人がいますから、きっと新鮮で貴重な時間を過ごすことが出来るのではないでしょうか?
もしかしたら、向こうから話しかけてくれるかもしれないので、明るく元気に!
一緒に競技をしたり出し物をするだけでも、大きく変わってくると思いますのでぜひ自分からも積極的に絡んでみてはどうでしょう?


色々な友達が作れる

通信高校には色々な人が通っていますから、自分と同じ年齢の人だけではなく年上の人とも友達になることが出来ます。
ですから、何か悩み事を相談してアドバイスをもらう事も出来て良いと思いますよ。
人生の先輩もいますから、色々普段聞けないような話を聞くことも出来るのではないでしょうか?
通信高校でしか会えない人も中にはいると思いますので、変わった友達が多くできるかもしれませんね。

通信高校の課題の進め方について

通信高校で出されている課題はどのようにしてこなすのが良いのでしょう?
やっぱり独力で行なうと分からない問題も出てきてしまいますよね。
本屋さんで参考書を購入して解くのもいいと思うのですが、それでも解けない問題もありますから、困ってしまいます。
その時は、サポート校に頼ってみるのが良いですよ。
塾のような場所で、マンツーマンで教えてくれるから安心だし心強いです。


サポート校は通信高校の味方!

サポート校は、通信高校に通っている人たちも多く利用しているみたいです。
やっぱり一人では難しいですし、場合によっては挫折してしまって課題をこなすのも嫌になってしまいますよね・・・。
でも、サポート校だったら分からない問題をすぐに質問することが出来るので頼もしい存在なのではないでしょうか?
誰かに教えてもらえるというのは、なんて心強くて安心できるんでしょうね!


スクーリングを活かしてみよう

通信高校の課題で分からない問題が出てきてしまった時は、付箋をするなどしてチェックをし、スクーリングの際先生に質問してみるのがいいですよ。
金銭的に余裕がない人はサポート校へ通う事が出来ないと思うので、スクーリングを活かすようにしましょう。
友達や家族に質問してみるのもいい方法だと思いますよ!
頼れる人が近くにいる人は、頼ってみるのも悪くないですよ。

通信高校はどんなところ?

通信高校とは一体どのようなところなのか気になっている人はいませんか?
この学校は毎日通学する必要はなく、課題やレポートを出されてそれを自宅でこなす必要があります。
独力で課題を進めていくので、自己管理が出来ない人は少々厳しいかもしれません。
最初は、この自己管理できる力を身につけるところから始めるのが良いでしょう。
基本的に自宅で過ごすことが多くなるかと思いますので、管理が出来ないと毎日だらだらと過ごしてしまいがちになってしまいますので、注意して下さいね。


通信高校にはスクーリングがあります

通信高校にはスクーリングといって、月に何度か学校へ通う日があります。
そこで課題やレポートを提出したり、少し授業を受けたりなどします。
ちなみに、スクーリングは出席日数にカウントされるところが多いので、出来るだけスクーリングに通った方がいいですよ。
もし、仕事や何かの事情で通えない時は先生に相談をして決めるのが良いでしょう。
皆が全員その日に通うというのはきっと難しいと思いますから、事前に相談しておくのも良いですね。


時間を有効に使おう

通信高校のメリットは時間がたくさんあることだとされています。
ですから、学習時間以外の時間も活用出来たら嬉しいですよね。
例えば、自分の趣味の時間に費やしてみるとかアルバイトに時間を使うとか、有効に使うことが出来れば毎日が充実すると思うんです。
趣味が無い人やアルバイトをしていない人は、これを機会に新しいことに挑戦してみるなど新しく何かを始めてみるのが良いですよ。